治療メニュー写真

治療メニュー:インプラント

画像はクリックで拡大します

デンタル・インプラント
デンタル・インプラント
インプラント治療は、むし歯や歯周病などによって失われた歯の無い部分に、人工歯根(インプラント)を埋め込み自然の状態まで回復させる治療法。
顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部のおよそ3つの部分から構成されており、健康な歯を削ることなく天然の歯のような自然な感覚が甦ります。
歯の抜けた部分の顎の骨にインプラントを入れて歯根とし、その上に人工歯をしっかりと固定しますので、インプラント治療は健康な歯を削る必要がなく失った歯の部分を補うには最良の方法です。
当院ではCT画像センターを併設しており、安全で正確なインプラント治療を受けていただけます。

CT画像センターの詳細はコチラをご覧ください。

インプラントとブリッジ・入れ歯との比較
従来の治療法では、入れ歯やブリッジにすると、健康な隣接歯を削り固定する必要がありました。インプラントなら健康な歯を犠牲にすることなく自然の感覚が戻り、食べ物が美味しくいただけます。
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
インプラント
入インプラント歯
●メリット
自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません。
●メリット
口の中の型を採る程度の比較的簡単な治療ですみます。
●メリット
自分の歯と同じように噛むことができ、見た目も違和感が全くありません。
●デメリット
ブリッジを固定するため、両隣の健康な歯を削る必要があります。セラミックのブリッジは保険外となります
●デメリット
硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労することがあり、異物感を感じる人もいます。チタンなどの金属床は保険外となります。
●デメリット
インプラントを埋め込むための手術が必要で、保険適用ではないため費用がかかります。
当院のインプラント治療の特徴
技術・実績のある理事長が執刀
技術・実績のある理事長が執刀
米国インディアナ大学歯学部インプラント科審美講師であり、国際インプラント学会認定医である理事長の森田がインプラント治療を担当いたします。豊富な知識、技術、経験をもとに上質なインプラント治療をご提供させていただきます。
歯科用CTで精密な診査・診断が可能です
歯科用CTで精密な診査・診断が可能です
インプラント治療では、事前に顎の骨の厚みや神経の位置などについて、詳細に把握しておくことが重要です。そこで当院では、3次元での撮影が可能な歯科用CTを用いて、精密な診査・診断を行っています。
歯科用CTはインプラント治療だけでなく、重度の虫歯に対する根管治療の診断にも役立ちます。
インプラントの安定性を確認
インプラントの安定性を確認
従来インプラントを埋入直後に、しっかり骨と結合しているかを判断するのは困難でした。そして埋入後の期間や経験に頼って判断をせざるを得ない状況でした。しかし当院ではオステルISQアナライザを使用し、インプラントの安定度を数値化しています。これによりインプラントがしっかりと安定した状態で過ごしていただけます。
インプラントの治療手順
歯を失った部分へのインプラント治療は下記のような手順となります。患者さん1人ひとりの骨の状態にもよりますが、骨を増やすなどの手術を併用することによって、インプラントは多くの方に受けていただけます。
インプラントの治療手順1
1.インプラントの埋入手術
歯を失った部分にドリルで穴を開けインプラントを埋め込みます。所要時間は1本で約30分程度です。
次
インプラントの治療手順2
2.支台の取り付け
骨とインプラントが結合するのを待ってから、インプラントの上にアバットメントという人工歯の支柱部分を取り付けます。
次
インプラントの治療手順3
3.人工歯の取り付け
アバットメントの上に人工歯を装着します。治療の終了後は定期的なメンテナンスが必要です。
骨が足りない方もインプラント治療が可能です
インプラント治療を行うに当たり骨の幅や高さがない場合、インプラント治療が出来ない場合があります。しかし現在は、技術や材料の進歩により骨の量が充分でなくても、より理想的な位置にインプラントを埋入出来るようになってきました。その方法を以下でご紹介します。
CGF
CGF 矢印 CGF 矢印 CGF
ケガをして血が出てしまったとき、止血するために血液中の凝固因子が放出され、フィブリンという物質が作られ、傷の治りを促進させます。
CGFとは、専用の遠心分離器で患者様ご自身の血液を分離して、このフィブリンを人工的に作製したものです。添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリンゲルです。
つまりインプラント治療においては、骨が足りないところにCGFを填入し、骨の再生・治癒を早めたりするのに使います。そのため、骨が少ないとインプラント治療を断られたり断念された方でも、当院では治療できる可能性があるのです。
GBR
GBR 矢印 GBR
あごの骨の太さ・高さが足りない場合に行う治療法です。骨が必要な部分に自家骨や骨補填剤を入れ、その上から人工膜を被せて骨が再生するためのスペースを確保します。その後3~6ヶ月間、人工膜の内側で骨が再生するのを待ってからインプラント手術を行います。

サイナスリフト・ソケットリフト

サイナスリフト・ソケットリフト

当院では寝ている間に痛みなくインプラント治療が行える「無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)」を実施しています。

インプラント治療(骨造成)の流れ

インプラント治療(骨造成)の流れ

症例紹介

※こちらのコンテンツには血液や膿の画像が含まれております。そのような画像をご覧になっても大丈夫な方は「続きを見る」をクリックしてください。症例紹介の画像がご覧いただけます。

その他口腔外科治療
親知らずの症例
親知らずの症例
歯根のう胞摘出
歯根のう胞摘出01 矢印 歯根のう胞摘出02
下顎骨炎
下顎骨炎01 下顎骨炎02
歯肉にできた腫瘍
歯肉にできた腫瘍
重度の歯肉の炎症
重度の歯肉の炎症
舌小帯強直症
舌小帯強直症
舌がん
舌がん
口腔外科「抜歯と歯根嚢胞」

※こちらのコンテンツには血液や膿の画像が含まれております。そのような画像をご覧になっても大丈夫な方は「続きを見る」をクリックしてください。抜歯と歯根嚢胞の画像がご覧いただけます。

レーザー治療
歯ぐき治療の一貫としてレーザー治療を行っています。

レーザー治療

インプラント治療Q&A
Q.インプラントは誰でも受けられますか?

骨の成長が止まる16歳から受けられます。基本的に健康状態に問題なければ何歳でも治療可能です。

Q.インプラント治療は痛いですか?

治療前には的確な麻酔を行いますので、痛みはありません。

Q.人体への影響はありますか?

人工歯根には生体親和性の高いチタンを使用していますので、人体への影響はほとんどありません。強度が高く、骨内で腐食することもありません。

Q.インプラントはどのくらい持ちますか?

患者様の口腔内の状態により異なりますが、きちんとメンテナンスを行っていれば半永久的に使用することができます。

Q.治療期間はどれくらいですか?

年齢や口腔内の状態により異なりますが、目安は約3~6ヶ月です。

Q.治療費用はどれくらいですか?

治療内容により異なりますので一概にはお答えできませんが、自費診療になるため比較的高額になります。詳しくは歯科医師におたずねください。

Q.糖尿病などの疾患がある場合でも治療を受けることはできますか?

症状により異なりますので、まずは一度ご相談ください。

より高度で安全性の高い手術をご希望の方へ