治療メニュー写真

治療メニュー:無痛治療

画像はクリックで拡大します

当院では、痛みを感じにくい治療に力をそそいでいます
無痛治療
歯医者と聞くと、「怖い」「痛い」といったイメージからどうしても敬遠される方が多くいらっしゃいます。過去に受けた治療が「怖かった」、「痛かった」ため、歯医者に通うのが嫌になったという患者様も少なくありません。しかし、嫌だからといって虫歯や歯周病を治療せずに放っておくと、進行してさらに重症化。身体的にも経済的にも大きな負担がかかってしまいます。

目黒区のグリーンアップル目黒歯科医院では、歯医者に対するマイナスのイメージをプラスへと塗りかえ、患者様にかかる負担を極力少なくするために「無痛治療」を導入しています。痛みを感じにくくなり、リラックスして治療が受けられるので、歯医者が怖い・嫌いという患者様におすすめです。
このようなお悩みはありませんか?
・歯科治療が大嫌い、歯医者に行くのが怖い
・過去に受けた治療が痛くて、トラウマになっている
・口の中に治療器具が入ると気分が悪くなる、嘔吐反射がある
・虫歯が何本もある、短い期間で早く治療を済ませたい
・痛くない歯科治療を受けたい

そんなお悩みには、無痛リラクゼーション法がおすすめです。
当院がおすすめする「無痛治療」・「無痛リラクゼーション法」とは
「無痛治療」と聞くと、痛みを感じない治療のように思えてしまいますが、残念ながら、「全く痛みを感じない」というわけではありません。しかし麻酔などの工夫により、治療の痛みを感じにくくすることが可能です。麻酔のチクッとする痛みさえも感じないように、表面麻酔も施しています。

そして、もっと安心したいという患者様へは、「無痛リラクゼーション法」をご提案しています。無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)は、鎮静薬・向精神薬などを腕の静脈から点滴をする方法です。薬が効いてくると、ウトウトとして眠ったような状態に。患者様によってはそのまま眠ってしまう方もいらっしゃいます。緊張が和らぎ、痛みもほとんど感じないまま治療が完了。歯医者が「怖い、嫌い」という患者様でも、不安や強いストレスを感じることなく治療を受けていただけます。難しいインプラント治療をはじめ、歯科治療に対して強い恐怖心を抱いている方、嘔吐反射の強い方にも最適です。治療を行う前に、しっかりと検査・カウンセリングを行いますのでご安心ください。
無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)」とは
無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)」とは
鎮静薬や向精神薬を静脈に直接注入して麻酔状態にする方法です。歯科治療における麻酔は直接歯ぐきに注射するのが一般的ですが、無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)では、腕の静脈に点滴をすることで薬剤を注入します。
「歯ぐきに麻酔を打つのが怖い……」という方も、無痛リラクゼーション法なら安心です。

薬剤を注入してしばらくすると薬が効いて眠くなり、なかには意識を失う方も。不安や緊張が和らいだ状態になることで痛みを感じにくくなります。ほぼ眠ってい るような状態のまま治療が終了するので、インプラント治療のみならず一般治療でも恐怖心や嘔吐反射が強い方にはおすすめです。
こういう方におすすめ
・複数歯の治療・短期間で集中して治療を終わらせたい方
・協力がなかなか得られない、障がいを持った方   など
無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)の注意点
・心臓・肝臓などに異常がある患者様は、使用できない場合があります
・妊娠中・授乳中の方、小児には使用できません
・使用する薬剤に含まれる成分にアレルギーがある患者様は、使用できない場合があります
・麻酔終了直後には頭がボーっとする場合があります(院内で十分にお休みいただくか、ご家族様などに迎えに来ていただきます)
・麻酔が切れたあとには、痛みを感じることがあります(飲み薬にて対応)
・当日、麻酔前の飲食を控えて頂く必要があります

無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法) ¥28,000(税別)

無痛治療の流れ

【1】カウンセリング&検査
治療を行う前に、まずは患者様の状況について伺わせていただきます。症状や心境についてくわしくお話しください。また、レントゲンなどで簡単な検査を行います。

【2】無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)
次に治療の際の痛みを緩和するために、静脈に点滴を打ちます。注入して2、3分程度すると意識がぼんやりとしはじめます。人によってはそのまま眠ってしまう方もいます。

【3】治療開始
治療完了後は、意識がしっかり回復するまで休憩していただきます。エントランススペースのソファに腰かけて、ゆっくりとお休みください。

【4】意識回復まで休憩
患者様の意識がぼんやりし始めたら、治療を開始します。薬が効いているので、痛みを感じることはほとんどありません。

痛くない麻酔注射のための4つの取り組み

取り組み1 表面麻酔
カンタンに言うと、「塗る麻酔」です。麻酔液を歯ぐきに塗ることで、注射時の痛みを軽減することができます。
取り組み2 細い注射針
注射が痛い原因のひとつに、注射針の「太さ」があげられます。当院では注射針のなかでもっとも細い「33G」というサイズの注射針を採用しています。ちなみに、献血や予防接種で使用する注射針は18ゲージですので、目で見てサイズの違いを実感いただけますよ。
取り組み3 カートリッジウォーマー
麻酔液を人肌程度の温度(36~37℃)に温めることができる機械を導入しています。これにより、麻酔液の温度差による痛みを和らげることができます。また、温めることにより麻酔の効きを良くすることもできて一石二鳥です。
取り組み4 電動麻酔器
麻酔液を一定の量と速度で注入することができる電動麻酔器を使用しています。これにより、注射時の痛みを緩和することができます。なお、使用する麻酔液の量も通常の半分~3分の1程度に抑えることが可能です。